圧倒的な量のカウンセリングとセラピーの臨床経験を積む

日本では、現在、カウンセラーの95%が非指示型のカウンセリングスタイルをとっています。非指示型のカウンセリングというのは、例えばこんな感じです。

クライアント:「先生、これからどうしたらいいんでしょうか?」

カウンセラー:「山田さんはどうしたいですか?」

クライアント:「そうですねぇ、毎日家にいてもしょうがないので1日1回散歩でもしてみようかな」

カウンセラー:「では、やってみてください。そしてその結果どうなったかまた教えてください」

というふうにカウンセリングは進んでいきます。

しかし、このスタイルでは、クライアントさんは「なぜこうなったのか?」とか「これからどうすればよいのか?」ということをカウンセラーから聞くことができません。

多くのクライアントさんが一番聞きたいことは、「私はなぜこうなってしまったのか?」つまり原因は何なのかということと、どうすれば楽になるのか、どうすればもう一度やり直せるのか、ということなのです。

あなたが肉体的な病気になって病院に行ったとき、先生に聞くことは「何が原因で病気になったのか?」「これからどうしたらいいのか?」ということではないでしょうか?

残念ながら非指示型のカウンセリングではこういったクライアントさんの需要に応えていないと当社では考えます。

当社では、指示型と呼ばれる提案型のカウンセリングスタイルをとっています。そのため、ほかのスクールが半年や1年で卒業するのに比べて、当社は約3年間、勉強していただくことになっています。それは、それだけの専門的な知識とカウンセリングの臨床経験を十分に積んでいただきたいからなのです。

当社では、最低でも200本以上のカウンセリングを経験しないとプロのカウンセラーになることはできません。多くのカウンセラーは300?400本のカウンセリング経験を積んだ後、プロのカウンセラーになっていきます。

また、一流のカウンセラーは実際どのようなカウンセリングや癒しの技法を使っているのかを臨床現場で実際に見て学ぶことができます。